瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま) 馬の目皿 6.5寸 呉須(直径約20cm) 水野半次郎

瀬戸は、鎌倉時代から日本で最初の釉薬をかけた焼き物を本格的に始めました。
どこを掘ってもそのまま「土」として使える材料、豊かな森林で燃料に恵まれた環境が、瀬戸焼の技術を高めていきました。現代まで「せともの」は日本において「やきもの」の代名詞となりました。

本業焼とは、瀬戸に生きづいた陶器の手仕事をさす言葉です。仕事は分業制をとり、作り手は日々繰り返しの研修重ね技を磨いてきました。
作られた器は用と美を格調高く備え、器文化の究極を築きあげてきました。

約300年の歴史を誇る瀬戸本業窯は現在七代目、八代目後継 水野半次郎による使うために生まれた器です。

こちらは近年復活を遂げた本業焼の代名詞でもある「馬の目皿」。
中心に料理を盛り付けることを想定した柄はどんな料理も引き立ててくれる日常使いの器です。

6.5寸サイズは銘々皿としても使いやすいサイズです。
深さもあるので、和食、洋食問わず、またデザート皿やフルーツを盛り付けても。
色は呉須と茶の2色です。

※こちらの商品にはお箱がございません。
※手仕事になりますので、サイズや絵柄が1点1点異なります。予めご了承ください。
※ご使用のパソコンのモニターによって、実際の商品と色が異なって見える場合があります。予めご了承下さい。


SPEC/スペック
 品名  瀬戸本業窯 馬の目皿 6.5寸 呉須
 サイズ  約Φ195 × H35mm
 つくり手  瀬戸本業窯
 納期  2〜3営業日以内に発送予定

販売価格 4,400円(税400円)
SOLD OUT

Calendar

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
水・木曜日定休日、オレンジの日は臨時休業になります。
Top