Mourne Textiles モーン テキスタイル Tweed Emphasize Wide Scarf ツィードワイドスカーフ / Monochrome I-Purled Fringe

アイルランドのテキスタイルブランドMourne Textiles(モーン テキスタイル)のワイドスカーフです。
100%メリノウールで織り上げられたスカーフは、北アイルランド ダウン州のモーン山麓にある工房にて熟練した職人によリ織り上げられたもの。
柔らかい肌触り、織り地の豊かなテクスチャーは、古いシャトル織機ならではの質感です。
Tweed Emphasize Scarf は創業者ゲード・ヘイ-エディによるデザインで、アイルランドのファッションデザイナー シビル・コノリーが 1956年の春コレクションの一環として作ったもの。
ミッドセンチュリースタイルのモダンな織り柄が装いのささやかなアクセントになります。

幅 75cm とたっぷりとしたボリュームでケープのように身体をあたためることができ、見た目の美しさはもちろん、防寒の機能をしっかりと果たしてくれます。
お出かけのお供にはもちろん、インテリアにもなじみやすいカラーで、ソファに掛けたり、膝かけとしてお使いいただくのもおすすめです。

Hattersley Loom(ハッタースリー・ルーム)
Mourne Textiles がスカーフを製織するのに用いるのは、Hattersley Loom(ハッタースリー・ルーム)というヴィンテージの織り機です。
約100年前に英国で最初に開発されたこの織り機は足踏み式のもので、いわゆる手織り機よりその速度をかなり向上させました。
しかしながら、電気を一切使わず人力を動力にした柔らかく豊かな織り上がりは、「手織り」として分類されています。

Mourne Textiles
北アイルランド、ダウン州のモーン山地の麓で半世紀以上に渡りテキスタイルブランドとしての地位を確立している Mourne Textiles(モーン テキスタイル)。
創業者のゲード・ヘイ-エディはイギリスのミッドセンチュリー期を牽引したロビン・デイやテレンス・コンランなどとのコラボレーションを長年に渡り実現、スペシャルパターンのテキスタイルを使った家具やラグなどを発表し、1951年のミラノ・トリエンナーレでは銀賞を受賞しました。
彼女の母国であるノルウェーのスカンジナビアデザインがルーツになったデザインと技術は、現在もなお歴史と伝統を守りながら孫のマリオによって受け継がれ、工房では熟練した技術をもった職人が今も古い織り機で手織りしています。
時代を超えて人々を魅了し続けるモダンで洗練されたパターンと高い品質のテキスタイルは日常のふとした瞬間を贅沢なものにしてくれます。

※サイズには若干の誤差が生じる場合がございます。


Spec/スペック
----------------------------------
品名 : Tweed Emphasize Wide Scarf
----------------------------------
Brand/ブランド:Mourne Textiles / モーン テキスタイル
Size/サイズ:75cm×200cm
素材:メリノウール100%
製造国:アイルランド
モデル身長:女性 158cm
納期:1〜2営業日以内に発送予定
----------------------------------
販売価格 31,860円(税2,360円)
購入数


Ranking

Calendar

2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
木・金曜日定休日、オレンジの日は臨時休業になります。
Top